BUMP

懸賞 2008年 02月 03日 懸賞

僕は君を信じたから もう裏切られることはない

だってもし裏切られても それが分からないから

どうか 君じゃなくならないで

悲しい時 嬉しい時 どちらにしてもほら泣く

困るでしょうって更に泣く あんまり困らないよ 飴玉あげる

何光年も遥か彼方から やっと届いた飴玉だよ

そういう1ミリを繋いで 君と出会えた 僕がいるよ

見えない神様 僕らは祈らない

冷え切った君の その手に触れて 心を見たよ

飴玉の唄 / BUMP OF CHICKEN


====================================================

やっぱいいですねBUMPは


書くことないんで今ハマってるBUMPの曲載せてみました


つまらない方はゴメンなさい


藤原さんはこの唄で「信じる行為の究極」ってのを書きたかったみたいですね


物とか人とかを信じたら最後。それに限りは必ずあるし、いつか絶対離れるけど


それでもどこまで信じ通すことができてその行為を行為と思わない。


ごく自然なことで、でもその信じたものが無くなると思うと悲しくて。


それでもそれを受け入れないとその本質には触れられないだろうと…


そんなことが書きたかったらしいです。深いですねやっぱり、、


珍しくマジめに書いちゃってみましたー(*-ω-)


2回目ですけどつまんなかった方ごめんなさい。あと作新の終るまで多分更新しません。


まぁ今でもあんましてないんだけど…


んぢゃ
[PR]

by torisutorisu2005 | 2008-02-03 22:20 | 俺の日常

<< 受験真っ盛り   携帯新規参入会社 >>